チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 (2005)

監督:ティム・バートン
出演者:
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィット・ケリー、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス、ディープ・ロイ、アダム・ゴドリー
時間:1時間55分

あらすじ
美味しいお菓子で世界中を魅了するウィリー・ウォンカが、選ばれた5人の子どもたちを秘密の工場にご招待。幸運な5人が目にした夢の様な世界とは…?

世界一雑で簡潔なネタバレ(チャーリーとチョコレート工場)

起:チョコレート職人であるウィリー・ウォンカは、他のチョコ会社にレシピを盗まれ工場が閉鎖したんだけど、密かにチョコを出荷していたんだよね。一方、近くに住んでた貧しい家庭だけど心優しい少年チャーリーは、ある日世界中で出荷されるチョコの中に5枚だけ金のチケットが入っていて、当てた人は工場に招待されその中の1人特別賞を与えるということを知り楽しみにしていたんだ。次々と4人がチケットを当てたんだよね。

承:チャーリーはね、偶然雪に埋もれたお金で買った3回目のチョコになんと5枚目の金のチケットをゲットするんだ。そして約束の日5人は工場見学をしたんだけど色々な事件が起き脱落していく少年たち。

転:チャーリーとマイクだけが残ったが、マイクも脱落。残ったのはチャーリーで、特別賞の正体はなんとこのチョコレート工場で、後継者を探していたんだよね。エレベータに呼ばれ、チャーリーとジョーおじいちゃんとジェット機に変身したエレベーターから下を覗くと、脱落した子供たちが出てきたんだ。

:エレベーターでチャーリーは家に帰ってきたチャーリーとおじいちゃんに家族は困惑したが家族に紹介し、後継者になって欲しいとお願いされるんだけど、家族と一緒に行けないと言われ拒んだんだ。それからある時、ウォンカと再会し甘いお菓子が嫌いな苦手な父親のもとにチャーリーと会いに行き、仲直りをしてチャーリーと家族を招き工場の中に家を建て仲良く暮らしめでたしってわけ。

配信サービス

チャーリーとチョコレート工場裏情報

チョコレートリバー

『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるチョコレートの河は本物のチョコレートだったんだって。

でもね、撮影終盤には傷んじゃって(まぁ要するに腐っちゃってたんだろうね…)すごい臭いを放ってたんだって。

それに耐えながら撮影をしていたっていうんだけど、結構キツそうだよね。

チョコが腐った臭いって一体どんな臭いなんだろう…そんなこと考えてる私って…笑

劇中、発送先として、日本の地名の東京が出てくるんだよね。

日本の電気店の名前などが直接出ているんだけどみんな気づいてたよね!?

チョコレート争奪の場面でも、日本人らしき子供が出てくるんだけど、全員日系人と中国人だったんだ。なんだか、日本への愛を感じたのは私だけかしら。

ウォンカチョコレート

2008年1月、日本ではネスレがウォンカ ゴールデンチケットキャンペーンを実施したんだよー。劇中と同じ様に5つのチョコレートにだけゴールデンチケットを入れてウォンカバーを販売したの。

なんか夢があるよね..んー素敵!

関連商品

チャーリーとチョコレート工場 ゴーグル サングラス 楽天市場 

デッドストック、マグネット 楽天市場 

チャーリーとチョコレート工場 トランプ 楽天市場

チョコレート工場の秘密 フィルム・ブック 簡約版 大型本 Amazon公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました