不能犯

不能犯 (2018)

監督:白石晃士
出演者:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、矢田亜希子
時間:1時間46分

あらすじ
東京で次々を起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。女刑事が捜査を始めるが死因は不明でいずれも犯人の立証は不可能かと思われたが…

世界一雑で簡潔なネタバレ(不能犯)

起:殺したい相手の情報を書いた紙を電話をボックスに入れておくと何者かが代わりに殺してくれるっていう都市伝説が流行ってたんだよね。あらすじの通り、不能犯が現れるわけだよね。

承:ある事件でその不能犯・宇相吹が現場近くにいてね、任意同行で話を聞くんだけど、宇相吹はマインドコントロールの使い手で、この能力を使って人々を殺しまくってたんだよね。取り調べをした担当刑事までもマインドコントロールで自殺に追い込むんだよね。

転:女性刑事の多田はこのマインドコントロールが効かなくてね、多田を止めるためには効かない私が彼を殺す以外に方法はないのではって考え出すんだよね。

結:その後もなんか色々起きるんだけど、宇相吹は多田の前に現れて、いつ殺してくれるんだ?って尋ねてね、多田は殺したくなったら殺すって答えるんだよね。それを聞いた不能犯・宇相吹は不気味な笑みを浮かべて立ち去るんだ。

配信サービス

不能犯裏情報

松坂桃李

于相吹正役演じる松坂桃李はね、

「原作が結構な笑い方しているんです。

台本にも、“ニコッ”とか“ニヤッ”ではなくて“ニタァ”と書いてあって、そういう表現は今までやったことがないので、そこは自分の中で研究しました」

っと言っていて、さらにかなり口角を上げて笑う表情については、

「ここまで口角を上げたことはないですよね。

上げ方や(下から見上げる)顔の角度は鏡の前で研究しました」

と明かしてくれているの。

私もやってみたけど、意外と難しい笑。

関連商品

映画ノベライズ au PAY マーケット

映画パンフレット au PAY マーケット

コメント

タイトルとURLをコピーしました