きっと、星のせいじゃない

きっと、星のせいじゃない(2015)

監督:ジョシュ・ブーン
出演者:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ウィレム・デフォー、ローラ・ダーン、ロッテ・ファービーク、サム・トラメル、デイヴ・ウェイレン
時間:2時間6分

あらすじ
末期癌のヘイゼルは学校にも通えず酸素ボンベなしでは生活できない。そんな中、骨肉腫を克服したガスと知り合う。2人はある作家に会おうとオランダへ旅行に出るが…

世界一雑で簡潔なネタバレ(きっと、星のせいじゃない)

起:女子大生のヘイゼルは自分と同じ癌患者のガスと出会う。会話で好きな小説の話になったヘイゼルはピーターが書いた本をガスにすすめる。

承:小説の結末が知りたくなった2人はピーターの秘書にメールを送る。するとアムステルダムへ来るようにとの返事が来て、ヘイゼルは大喜び!その後旅費の問題や、ヘイゼルが緊急入院、問題を乗り越え2人はアムステルダムへ出発。

転:念願のピーターと会うことができたが、まさかのアル中で世捨て人の様な生活をしていた。ショックを受けた2人だが、一夜を共にし結ばれる。しかしガスには癌が再発、全身に転移していた…

結:ガスは自分の生前葬をやり始める。そこでヘイゼルは本当は自分の弔辞をガスに頼みたかったと泣きながら感謝と恋心の気持ちを伝える。8日後、ガスは亡くなった。目の前に再び現れたピーターからヘイゼルはメモを受け取る。そこにはガスがヘイゼルへの気持ちであふれた弔辞が書かれていた。

配信サービス

きっと、星のせいじゃない裏情報

ヘイゼル・グレース・ランカスター役を演じたシャイリーン・ウッドリーのこの役は、彼女に演じられるためにあったでしょっていうくらいはまり役だよね。

実はこの役をめぐってシャイリーン・ウッドリーの他にもヘイリー・スタインフェルドっていう女優も最終候補にあがったいたんだよね。

役の年齢が17歳だし、ヘイリー・スタインフェルドが年齢設定もリアルだったしね。

だけどやっぱ年齢だけでは判断せず、ヘイゼル・グレース・ランカスターの求める元気な感じや、お年頃の難しい心情の表現なんかは、前に10代の妊娠ヒロインをやったこともあって上手だし、この役でのトレードマークにもなったベリーショートの髪型へ切り替わりもすんなりいった。

結果やっぱり、シャイリーン・ウッドリーが抜擢されたってわけなんだよね。

病気を患っている役を演じる女優って、そうそう演じれるもんじゃないと思うんだよね…これは、完全に見入っちゃったよね。

関連商品

サウンドトラック Amazon公式サイト

【きっと、星のせいじゃない。】Eternity Star pierce【ピアス】 Creema

枚数限定 & 両面印刷 オリジナルポスター 楽天市場 

コメント

タイトルとURLをコピーしました