殺人者の記憶法

殺人者の記憶法(2017)

監督:ウォン・シニョン
出演者:ソル・ギョング、キム・ナムギル、キム・ソリョン、オ・ダルス
時間:2時間8分

あらすじ
娘が連れてきた恋人は、冷酷な連続殺人犯…?アルツハイマーを患う父親は、娘を守るためひとり戦う決意をする。自分自身が元殺人鬼という過去を隠しながら。

世界一雑で簡潔なネタバレ(殺人者の記憶法)

起:主人公のキムは認知症なんだけどね、17年前暴力的な父を殺してから正当な殺人は正義だと感じるようになってそれ以降殺人を繰り返してね、死体は自分の所有する竹林に埋めてるんだけど警察には発覚してないんだよね。それから事故を起こして認知症になってね、自分の行動をすぐ忘れるようになっちゃったんだ。

承:町では連続殺人が起きててね、まさか記憶がないだけで自分なのではって自分を疑うんだけど、たまたま車で衝突事故を起こした相手を、あ…こいつ殺人犯だ、同じ匂いを感じる。ってキムは気付くんだよね。

転:なんとその男は自分の娘と付き合い始めたんだよね。記憶が続かないキムはその犯人らしき男と事故の際にボイスレコーダーに自分の声を録音してあってね、このボイスレコーダーを証拠として警察に調査をお願いするんだけどそのことにこの犯人らしき男は気付くんだよね。

結:結局その男は犯人でね、キムは激しい戦いの末その男を殺す?だったかな?ごめんそこはもうあやふやな感じです。

配信サービス

殺人者の記憶法裏情報

ソル・ギョング

キム・ビョンス役を演じたソル・ギョングの見た目に驚いたよねー。

2017年映画の『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』で観たソル・ギョングの面影は一切ないよ。

ソル・ギョング

上の写真見てー!全然違うよねー??

しかも驚くことに!!同じ年に制作してるんだよ。

髪型のせいもあるかもしれないけど、初老のおじさんやなくておばさんにも見えちゃうよね。

特殊メイクでは役に入り込めないってことで、主人公の年齢が50代後半から60代前半の設定だった(実際は50歳かな)から、食事制限と運動で10キロ以上減量をしたそうなんだよね。

逆にね、ミン・テジュ役を演じたキム・ナムギルは、14キロの増量をしたそう。

最初は減量を考えていたそうなんだけど、ソル・ギョングからかえって太ったほうが怖さが出ると言われたみたいで…

増量に励んで、食べ続けて、ソル・ギョングは食べれないし気まずい空気の中、14キロ増量したんだそう。

やる気と本気ってマジ凄いよね!!

関連商品

殺人者の記憶法【書籍】 セブンネットショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました