スノーピアサー

スノーピアサー (2013)

監督:ポン・ジュノ
出演者:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン
時間:2時間5分

あらすじ
氷河期が再来した近未来。生存者は走り続ける列車内で暮らしている。身分で車両別に分けられた列車内で、厳しい階層社会への不満から反乱が起きる。

世界一雑で簡潔なネタバレ(スノーピアサー)

起:氷河期を迎えた地球、そんな中氷河期にもやられないスノーピアサーっていう列車があってね、たまたまそこに乗っていた人たちは氷河期から逃れて助かったんだけど、列車の創設者ウィルフォードを頂点とする絶対的階級制度があったんだよね。

承:列車の最後尾には階級制度が一番下の者たちがゴミ溜めのように押し込まれていて、もう我慢ならんってなったカーティスだのエドガーだのはそこから抜け出すことを実行しだすんだ。

転:もうそれでバンバン戦うわけだよね。

結:最後はなんかあれ誰だろう、列車から出ていって、これからこの極寒の地球でどうなってしまうのか、みたいな。ごめん、観てないからこんなもんだよね。

配信サービス

スノーピアサー裏情報

スノーピアサー

この作品はね、80年代のフランスコミック『LETRANSRERCENEIGE』という作品の版権を買って、ポン・ジュノ監督は作ったんだって。

「氷河期が訪れ、生き残った人類は走る列車に乗っている」っていう基本設定が非常に独特なんだけど…私には理解が難しいではないか笑

その設定はね、映画にも生きているんだけど、それ以降描かれた設定・キャラクター・ストーリーは新しくポン・ジュノ監督が加えていったものなの。

1年間かけてシナリオを書いて、新たに人物関係図やストーリーを作っていったんだよ。

ねー!凄いよねー!!

元の核となる部分の「氷河期」「人類の生き残り」「走る列車」「永遠のエンジン」「後方車両から前方へ進んでいく」っていう設定は、原作からちゃんといきてるんだよー。

関連商品

スノーピアサー (DVD) 台湾盤 楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました